スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<両さん銅像>亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て (毎日新聞)

 東京都葛飾区の亀有中央商店街にある人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公・両さん(両津勘吉)の銅像が壊された事件で、商店街関係者らが21日、包帯で応急手当てを施した。「もういじめないで」と、地元有志が夜間パトロールも始めた。

 壊されていたのは、両手にマラカスを持っていた「サンバ両さん」という銅像。JR亀有駅周辺の商店街や区が協力して3月に設置したばかりだったが、今月18日、左のマラカスが根元から折られているのが見つかった。

 地元住民たちは「粘着テープでも良さそうだけど、両さんは商店街の仲間だから包帯で手当てした」という。銅像は今月中に修復される予定。【山田奈緒】

【関連ニュース】
アートナイト:一夜限り 街は美術館 東京・六本木
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く
掘り出しニュース:「本荘ハムフライ」復活を 商店街店主ら意気盛ん
掘り出しニュース:案内は“三国志なりきり看板” 商店主ら登場--神戸・長田

所沢市の公園にこいのぼり350匹(産経新聞)
鳩山首相、五輪出場者の健闘ねぎらう=浅田選手、次回ソチへ「日々精進」(時事通信)
舛添氏 離党届を提出 矢野氏も(毎日新聞)
G20、出口政策が論点に=加藤元財務官に聞く(時事通信)
<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)

車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作-相模鉄道(時事通信)

 相模鉄道(横浜市西区)の男性車掌(28)が、磁気定期券の不正乗車防止システムを解除する方法で、今年3月までの約2年半、運賃の一部を支払わないキセル乗車を繰り返していたことが16日、分かった。同社は車掌を同日付で懲戒解雇する。
 同社の説明によると、男性車掌は自宅のある都営地下鉄志村坂上-泉岳寺間の6カ月定期券を2007年10月から購入。継続する度に、複数の同僚に磁気定期券の入出場記録を不正に操作させ、入場記録がなくても定期券でそのまま下車できるようにしていた。 

羽田国際線枠9万回規模に=成長戦略重点項目-国交省会議(時事通信)
峠の捨て犬救え!作家らが捕獲、飼い主探しへ(読売新聞)
<男女共同参画>平等社会進まず 第1次計画から10年(毎日新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す-長女優希ちゃん(時事通信)
山本一太氏、町村派退会の意向表明(産経新聞)

亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は17日午後、都内で開かれた永住外国人への地方選挙権付与法案に反対する集会であいさつし「外国人選挙権は日本を滅ぼす。国民新党が(鳩山政権内で)拒否権を発動しているから今国会で成立はしない」と強調した。

 選挙権付与に積極姿勢の民主党からも松原仁衆院議員が出席。松原氏は「欧州は選挙権付与が盛んだという議論があるが、日本では通用しない。私は明快に反対。党内で、きちんと発言することが必要だと認識している」とあいさつした。

 自民党の大島理森幹事長、みんなの党の渡辺喜美代表、新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表も出席し、それぞれ反対を表明した。

井上ひさしさん、鎌倉にも大きな足跡(読売新聞)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
日本の人口、2年連続減…本格的減少時代へ(読売新聞)
<村本さん死亡>撮影の映像に別の配信映像 日テレが誤使用(毎日新聞)
<女児重体>体にあざの3歳児が意識不明 虐待の可能性も(毎日新聞)

東海道新幹線と接触、男性負傷=一時運転見合わせ-JR京都駅(時事通信)

 11日午前9時半ごろ、京都市下京区東塩小路高倉町のJR東海道新幹線の京都駅上り線ホームから60歳ぐらいの男性が線路内に立ち入り、博多発東京行きの「のぞみ6号」と接触した。
 京都府警七条署によると、男性は足を負傷し病院へ搬送されたが、命に別条はないという。同署は事故当時の状況について調べている。
 この事故の影響で、東海道新幹線は40分余り、米原-京都間の上下線で運転を一時見合わせたが、午前10時15分ごろに再開した。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会(医療介護CBニュース)
売国的な法案許さない…平沼新党旗揚げ会見(読売新聞)
東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
<福岡・能古島の遺体>海上の袋に両腕 被害者の諸賀さんか(毎日新聞)
情報公開制度見直しへ=検討チーム新設、6月に結論-枝野行政刷新相(時事通信)

構造計算偽装 大阪の建築士 他に119物件担当 (毎日新聞)

 京都府八幡市に建設予定だったアパート(鉄骨3階建て)の構造計算書に偽装が見つかり、国土交通省は2日、計算した「ミレ建築設計事務所」(大阪市鶴見区)の張武雄1級建築士(65)が手がけた、ほかの7府県119物件について、耐震性などの構造に問題がないか調査を始めた。改正建築基準法で構造計算を再チェックするために導入された「構造計算適合性判定」という手続きの中で発覚した。

 アパートの建築主が昨年8月、指定確認検査機関に建築確認を申請。判定機関が構造計算の適合性に疑問を抱き、追加説明を求めたところ、同年9月に提出された追加資料で偽装が見つかった。

 追加資料は構造計算のプログラムソフトで作成、印刷した資料。1階床下の基礎梁(はり)部分について、詳細な構造計算をし直す必要性を指摘する「ワーニングメッセージ」が2カ所表示されたが、プリントアウトした際にこのメッセージを消してコピーし提出したという。

 ワーニングメッセージが出ても直ちに耐震性がないことにはならず、追加計算をすれば問題がなかった可能性がある。このアパートは別の事務所が新たに建築確認申請し、安全性が確認されて建設されている。

 国交省によると、このほかの119物件の府県別内訳は、大阪104▽京都7▽滋賀3▽兵庫2▽奈良、和歌山、岡山各1。2~3階建てのアパートが大半という。【石原聖】

 ◇「問題はない」

 ミレ建築設計事務所の張武雄1級建築士は取材に対し「審査を急いでいたため修正したが、安全性に問題はない。他の物件では一切やっていない」と話している。

【関連ニュース】
わいせつ行為:国交省係長を逮捕 兵庫県警
国交省:男性職員を懲戒免職 共済組合の金を生活費に流用
国交省:ブレーキ優先、義務化を検討
スカイマーク:国交省、特別安全監査始める
スカイマーク:機長交代不適切 国交省が会長らに厳重注意

北朝鮮の黄元書記と中井担当相が会談 夕には家族会と(産経新聞)
フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在(J-CASTニュース)
<国際化学オリンピック>日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)
拉致解決へ「重要な時期」=知事の会に中井担当相(時事通信)
田園調布駅で扉開け忘れ(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。