スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県の達増知事「福島氏罷免はまずい。約束守るべきだった」(産経新聞)

 岩手県の達増拓也知事は31日の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で社民党の福島瑞穂党首が閣僚を罷免され、同党が連立政権から離脱したことについて、「罷免はまずかったと思う。3党合意は最後まで守るべきだった」などと述べ、鳩山由紀夫首相の政権運営を批判した。社民党に対しては「今回の決定が3党合意にある『(在日米軍基地の在り方の)見直しになっていない』というのは、なるほどと思う」と理解を示した。

 達増知事は民主党籍を持ち、同県選出の小沢一郎幹事長とも極めて近い関係にあり、この時期の官邸批判や社民党への好意的発言は注目に値する。

 達増知事は鳩山内閣の支持率低下について、「今のままだと、連立政権発足時の約束が破られたままで、鳩山内閣の存立基盤自体が崩壊したことになる。高支持率は期待できない」と指摘。「いい約束を守れる志の人たちで、改めて約束をし直すことが必要だ。社民の人たちはそういう志を持っており、排除すべきでない」と述べ、3党連立の再構築を求めた。ただ、鳩山首相の進退については「党の中で決めるべきだ」と明言を避けた。

 その上で、達増知事は「昨年9月の3党合意の作り方に齟(そ)齬(ご)があったのではないか。実際にどういう約束をしたのか。当事者間で今すぐに総括を行い、国民の前でけりをつけてほしい」と強調。当時の民主党幹事長だった岡田克也外相の責任に言及した。さらに、「当時、新しい幹事長に決まっていた小沢一郎さんが仕切っていたら、こんなことにならなかった」と述べた。

 また、今回の政府決定について「冷戦時代の思考にとらわれ、脱皮できていない」と批判した。

【関連記事】
社民連立離脱 基本政策「抜き」のツケだ
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索
福島氏罷免でごまかされるな!!
瀕死のハト襲う 社民離脱
首相「メディアが思うほど、小沢氏とぎくしゃくしてない」
iPadが上陸

<警察庁長官>北朝鮮の情報収集強化を指示 警備部門幹部に(毎日新聞)
レプリカ金塊に賛否両論 兵庫・淡路市の史料館(産経新聞)
駐車場で男性2人刺される=殺人未遂で男を逮捕―大阪府警(時事通信)
鳩山首相「2枚舌」作戦失敗 「辺野古」巡り「発表日」大混乱(J-CASTニュース)
IT会社、近く強制捜査=ネット仮想空間の投資話―特定商取法違反容疑・埼玉県警(時事通信)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。